新技術の事業化、既存事業の見直しに、どんな調査でも申し受けます。

あ

受託調査は、大きく単独(モノクラアイント方式)と
複数(マルチクライアント方式)2つの方式があります。
マルチ方式は、統一企画の調査を複数の企業が費用を
分担しておこなうものです。
それだけ費用は軽減されますが、
独自の調査項目を盛り込むことはできません。
単独の場合は、費用とあわせて
必要な内容を希望通りに盛り込むことが可能になります。
費用ともあわせて、気軽に問い合わせてください。

あ

受託調査の設計

調査依頼

⇒⇒

調査企画
見積書作成

⇒⇒

検討

⇒⇒

契約

⇒⇒

調査開始→調査報告

・テーマ
・調査内容
・調査期間
・費用見積り−基本費用=調査員1人当り1日当り費用×実働日数
※難易度(難易度A:80,000円,B:70,000円)によって基本費用を決めます。
(調査費用の支払方法) 成約時に前払金(総費用の50%)調査報告終了時に
残金(総費用の50%)

.



市場調査の枠組み(調査内容)

※予算にあわせて枠組みをえらぶことができます。

市場動向

市場構造と規模
用途別市場動向

新市場拡大の可能性
新規参入メーカー

展望

市場展望 

(評価分析)

新規参入の
可能性、課題

(戦略設計)

技術開発動向

先行技術
技術的問題点
問題解決のポイント

新技術の開発動向

新旧技術の優劣

次世代技術

技術的展望

メーカー別
動 向

生産・販売体制
研究開発体制

新戦略

 中 期 計 画



HOME  申込


.